カウンセリングを受けて、心を少しでも楽にしよう

心から来る病気

治療に掛かる費用

うつ病を改善するためには医療機関への受診が必要になります。また、薬物療法である場合はジェネリックを利用することによって費用を抑えていくことが可能となっています。

もっと読む

心療内科への受診

心療内科に行くことによって、うつ病による身体の不調を治療してもらうことが出来ます。現在の状況について明確に伝えておくことによって、それに見合った改善案を出してもらえます。

もっと読む

心の負担をなくす

真面目な性格であることによって、心に沢山の負担を掛けてしまう事があります。そのため、うつ病に発展するということもあります。心に余裕を持たせることが必要なので、しっかり確保しましょう。

もっと読む

睡眠を確保する

睡眠時間をしっかり取ることによって、うつ病による心の不調を回復させることが出来ます。また、薬物療法を合わせて行なうことによって、精神のバランスが整うようになります。

もっと読む

無理をしすぎる

本当はノックアウト寸前なのに無理をする人

うつ病は心の病気であるため、他人はおろか自分自身でさえもその症状に気づきにくいというのが特徴です。出血やアザや傷などの肉体的な怪我と違って、目に見える形でその症状の度合いが確認しづらいのが一つの問題点でもあります。 それゆえにうつ病に苦しんでいる人は常に心に痛みと辛さを伴ってしまいます。本人がどれほど辛くても、他人にはその辛さが共有できないどころか認識さえ出来ないからです。 うつ病の人は「本当は辛い、助けてほしい」という声なき心の叫びを発しているのです。それが心の発するSOSサインです。 ですが中にはその声を無視してまで仕事や勉強に励む人がいます。本当はノックアウト寸前なのに辛い心に鞭打って、檄を飛ばして無理やり奮い立たせているのです。

心は休息と安らぎを欲している

うつ病は程度の差こそあれその人の心を苦しめます。それゆえに適切な治療が必要です。 専門の医療機関によるカウンセリング治療が必要なのは当然ですが、そのほかにも自分で出来る方法もあります。 それは、自分の心が発するSOSのサインに耳を傾ける事です。心は本当は休息と安らぎを欲しているのです。それならば思い切ってダラダラしましょう。何も考えずにのほほんと過ごしましょう。いっそのこと昼寝をしても良いです。とにかく心と体を休めましょう。それが何よりの治療法です。 目標達成のために懸命に努力するのは必要な事ですし素晴らしい事です。しかしそれ以上に休息も大事です。ゆとりと安らぎが次のステージで戦うための英気を養ってくれます。 それと同時にうつ病の治療にもなります。ほんの少しのゆとりの気持ちを持つだけでいいのです。

音楽は人の心を打つもの

音楽には人の心に様々な感情をもたらす作用があります。勇ましい曲は勇気を、悲しい曲は悲壮感を、リズミカルな曲は元気を、ラブソングは他者への愛を、といった様に喜怒哀楽はじめ様々な感情の揺らぎを音色は醸し出すのです。 そしてこの音楽の効用はうつ病の治療にも効果があります。うつ病は精神障害の一種であり、様々な要因から心が悲壮感や焦慮や不安感など長期間にわたる不安定な状態に陥ることを指します。目に見えない心の病気であるために、いや、心の病気だからこそ音楽に効果があると言えます。 事実、専門の医療機関などでは室内に落ち着いた感じの曲が流れているケースが多いです。これは少しでもうつ病患者の心を落ち着かせようという試みから用いられています。これも治療にうちのひとつと言えるかもしれません。

音楽に耳を傾けるだけでいい

うつ病の治療のひとつに音楽療法があります。療法と言う言葉から何やら大がかりなオペを想像するかもしれませんが、実際はそうではありません。自宅でもできる比較的簡単な方法です。 それは自分のお気に入りの曲をリラックスした状態で聞く事です。椅子に座ってコーヒーやお茶を飲みながら聴いても良いですし、ベッドに横になって聴くのも良いです。ウォークマンなどにお気に入りの曲を入れて散歩しながら聴いてもかまいません。要は自分がリラックスできる状態であれば何でもいいのです。 ただのんびりと、自然体で、そして音楽に耳を傾けているだけでいいのです。これも立派な治療法のひとつなのですから。 心身がリラックスするという事は心に負担がかかっていないという事でもあります。このリラックスした状態を一日に10分程度でもいいので持つように心がけてください。少しずつではありますがうつ病改善につながります。

休養を行なう

うつ病の改善方法として最も重視されているのが、休養を行なう時間を確保することと言えます。専門機関も沢山あるので、気兼ねなく相談を進めていくことが大切であると言えます。

もっと読む